辨財天

ザックザクなんです

太陽光によってサンタンしてしまう理由

長時間、太陽光をあびると日に焼けるのは、多くの人が知っているんです。日に焼けちゃう元である紫外線というものは、いったいどういったものなのか。

UVというものは、太陽光のひとつであり、種類をA波・B波・C波と3つに分けることが可能です。ガラス窓のような透明な物体では、UVA波自体を遮ることは出来ず、皮膚へと届きます。ガラス窓越しに太陽光線を受けてた場合や、車で外出をしてる際も、紫外線A波というのは通ってしまうのでサンバーンしちゃうのですよ。

いっぽう、紫外線光B波というものはオゾン層でさえぎられるので、曇りの日は、雨の日は減衰するのです。気候によって照射量が変化するUV量とは、此の紫外線光B波です。

紫外線光C波が日焼けすることに関わることはないんです。何故かというと、UVC波はオゾン層を通れないからなのです。

A波というものは、窓ガラスを突破する事が可能な為、皮膚の奥の真皮層まで通りますが、有害度合でいうのならB波ほどじゃないといわれてます。

皮膚の日焼けしてしまう事を考えるのであれば、室内でUVをあびてしまう為、常に対策法を施す必要のある太陽光です。肌の色が褐色になることだけが、サンバーンの効果ではじゃ無いのです。シミやくすみがふえて、肌のたるみや肌老化元にもなってしまうものなのです。

UVでサンタンをするのは、皮ふを防止する為にメラニンの色素を増加する、防御策です。黒く焼けた健康的なイメージを人にあたえますが、スキンケアという視点で考えると皮ふにとっていいことじゃない訳で、日焼けの対処法が大切です。

Comments are currently closed.