辨財天

ザックザクなんです

介護事務の仕事

あまり知名度は高くないですが、介護事務という仕事をしている人がいます。介護事務は、介護の仕事の中でも重要な位置を占めていると言われています。介護事務の仕事とは、実際には、どんなことをするのでしょうか。

介護保険制度が使われるようになってから、介護サービスにかかる負担は1割になり、それに伴って9割を市町村に請求する仕事ができました。介護報酬請求業務と呼ばれるものです。市町村に請求する9割分はレセプトという請求明細に細かいことを正確に記入しないと支払われません。介護事務の仕事ではこのレセプト作成をします。

新規利用者が施設に来た場合には受付をし、サービス内容と手続きの説明、利用者からの自己負担分受け取りなどを行います。介護サービスを使っている人の代行として、要介護認定の手続きを市町村に対して行うこともあります。介護保険を利用できるか確認したり、ケアマネージャーの仕事を助けて利用者や介護業者への連絡を行うことも介護事務の仕事です。

普通の企業が行っているような一般事務も、介護事務の仕事です。OA器機を扱ったり、一般的な事務仕事をする他、介護サービスや介護保険についての知識、説明能力、レセプトを作成する能力が問われます。介護に関する資格を持っていない人でも介護事務の仕事はできますが、前提知識として介護のことを知っていると役立ちます。

通信講座などで介護事務について学ぶこともできますので、興味のある人はやってみると良いでしょう。介護事務の仕事は高齢化が進む今後ますます求人が増えていくかもしれません。

Comments are currently closed.